ピアノコース

sheermusic facebook ページ

講師紹介

宮澤 講師 奥原講師

他にもたくさんの講師が皆様をお待ちしております!

PROFILE
宮澤 講師
尚美学園大学ピアノ科卒業後、東京ミュージック&メディアアーツ尚美コンセルヴァトアールディプロマ科ピアノコース修了。川嶋ひろ子氏、杉谷昭子氏に師事。幼児早期教育講師を務め、リトミック指導者資格取得。2011年シアーミュージックに入社。これまで担当した生徒は約100名を超える。

レッスンで一番心がけている事

レッスンで重視しているのは無理なく継続できることです。楽器が上手くなる秘訣はまさに「続ける」こと。練習が楽しければ続けられるのですが、レッスン=苦労する、だけになると途中でやめてしまいがちです。これは続けられないことが悪いのではなく、生活リズムに合わないペースで進めてしまうことが問題なんですね。お仕事が忙しそうな方は、必ずその方の生活の中でこなせるだけの練習量に設定します。なので生徒の近況やコンディションについてよくお話を伺っています。「今週はいかがでしたか?」という何気ない会話から現在の様子を把握し、練習の進捗、またモチベーションを伺いながらレッスン内容を一緒に決めていくように心がけてます。

どういった生徒のニーズが多い?

こちらに通われている生徒様は初心者の方が半分以上を占めています。音符が読めない方もたくさんいるので安心していただきたいと思います。経験者に関しても、過去習っていたが今はブランクが空いてしまった、という方が多く占めます。中学3年生くらいまでピアノを続けてきたのですが、受験をきっかけに楽器から離れることが多いみたいですね。昔は習い事でイヤイヤ習っていた方も、大人になって再度ピアノを始めたいと思ういうケースも多くあります。その場合は過去に練習してきた曲をまずは弾いていただき、現在のレベルを確認し以前の感覚を取り戻したところで希望の曲にシフトしていきます。趣味以外の目的としては、保育士試験を受講するため、という方もたくさんいらっしゃいます。

レッスンを通して一番の喜びは?

「弾けた!」といって、喜んでくださる姿が何よりもうれしいです。シアーミュージック開催の発表会に出演される方もいますが、具体的な目標を掲げてレッスンに来られるのはとても楽しそうに見えます。だから生徒が上達した時は、どんな小さなことでもそれを具体的にご本人に伝えるようにしています。楽器の上達は自分では気づかないことが多く、周りからの声で初めて上手くなっていることを知る場合もあります。生徒の成長を一番わかっているのは講師ですから、どんなことでも生徒には変化をお伝えします。成長を感じられればモチベーションもあがりますし、さらに上達スピードがあがってきます。そして、ますます楽器をさわることが楽しくなり、気づいたらずっと音楽を続けている、という状態が理想的ですね。

シアーミュージックの魅力・アピールポイント

講師が固定でなく指名できることだと思います。例えば基礎練習はA講師、曲練習はB講師、といったように2名のピアノ講師から習っていらっしゃる方もいらっしゃいます。一般的にピアノは同じ講師で習い続けるというイメージがありますが、講師によっても得意な指導分野は異なりますし、レッスンをしながら講師の特性を理解し、自分の好みで自由に予約を取れたほうがきっと楽しくレッスンができると思います。そういった選択肢がたくさんあるのがシアーミュージックの良いところだと思います。

PROFILE
奥原講師
3歳からピアノを習い始め、高校の時からバンドを組みボーカルを務め、歌を習い始める。 オリジナル曲の制作や弾き語りでの活動も行っている。 尚美学園大学ピアノコースを卒業。教員免許を取得し、中学校の非常勤講師を勤める。 現在、結婚式場での演奏や、キーボードのサポート活動をしている。

レッスンで一番心がけている事

まずは楽しく通っていただけることが1番だと思います。 子供の頃にピアノを習っていたけど嫌になってやめてしまったという話をよく聞きます。 嫌々練習しても上達しません。 今日のレッスンも楽しかった!上達できた!と思っていただけるような時間を一緒に作っていきたいと思っています。

身近な目標と、1年後の目標と、最終目標を決めて、生徒様のペースに合わせてステップアップできるように心がけています。
曲が弾けた時の喜び、楽しさを知っていただければ私も嬉しいです!